ひたすらブルーな朝も多くなりました

顔のシミをコンシーラーでみえなくしようとしたら、逆に、シミが目につくようになったことってありませんか。

一般的に、ファンデーションを選ぶなら、お肌の色より、やや明るい色を選択する方がたくさんいらっしゃるようです。

ですが、シミを見せないためにコンシーラーを買うのであれば、お肌より明るいカラーをチョイスしたらむしろシミが目立つみたいです。

コンシーラーでシミをカバーするためには、肌よりもやや暗めのカラーを選ぶのがミソですね。

潤いのある肌は保湿が十分できていて、シミもできにくい肌になります。

肌の水分量が一定に保たれ、潤っていれば肌全体に、水分と油分が最適のバランスでキープされており、整ったきめで肌が守られています。

保湿は肌のバリア機能を高めるため、肌全体に紫外線がダメージを与えることを抑えられ、シミも予防できるのです。

そのため、シミを防ぐためにも、肌の乾燥にはケアを怠らないようにしようと思っています。

なお、私たちがよく口にするコーヒー、紅茶、緑茶などに含有されるカフェインは、お肌にシミができやすくなる一因とされています。

シミをいろいろな箇所に拡大させてしまったり、長い間、カフェインを摂りつづけていると、そうでない人よりも色素沈着が進行しやすい体質になってしまいます。

それから、緑茶に含有されるタンニンもシミにはよくないと言われる成分ですから、シミで困っている方は、くれぐれも飲み過ぎに注意しましょう。

肌のトラブル対策はバッチリ!と思っていたのに、突然現れるのがシミなんですよね。

実は、そんなシミにも様々な種類があるのです。

原因が紫外線ならば小さく平坦なシミができますし、女性ホルモンが原因でできるシミもあり、左右の頬に大きく薄く現れるのが特徴です。

アラフォーって、肌にできたシワやシミが回復せずに残って増えていくって、感じですよね。

個人差はありますが、だいたいそのくらいになると妙に疲れやすかったり、疲労がとれにくかったりします。

それに、目の下に大クマが出て、口周りの下がりが客観的にもわかるようになってきます。

それはもう明らかにアラサーとは違う感じで、たとえば若い頃なら肌が荒れても、疲れていても寝る前にしっかりお手入れすれば回復していたんです。

でも、アラフォーは回復しないのです。

復活がダメだった!という、ひたすらブルーな朝も多くなりました。

自分は36歳でいまギリギリですが、ちょっと不安なんです。

乾燥やシワの危険は、意外なところに潜んでいるんですよね。

毎日繰り返していれば、スキンケアが追いつかないのも当然です。

いずれシワや乾燥による老化が起きてくるはずですから、洗顔・入浴後は迅速なケアが必須です。

顔を拭いたら時間を置かずに、保湿効果のある化粧水などで、本格的なお手入れ前のファーストケアを施してあげましょう。

ちなみに、私が今一番のお気に入りが、FUWARI(ふわり)というプラセンタのサプリです。

fuwariの効果は、何と言っても見た目年齢が若くなることですね。

fuwariサプリは、もう3か月ぐらい飲み続けていますが、肌のハリ感や潤い感が全然違ってきています。